ペットは家族の一員です。

災害の発生時に、ペットを守るのは飼い主の役割であり、事前に備えを行っていなければ、非常時に十分な対応ができず避難等にも影響が出てしまいます。

そうならないためにも、平常時から飼い主が対策を行い、ペットを守る心構えを持っていることが肝心です。

飼い主が行うべき対策の例

ペットは飼い主にとっては大切な家族であり、常に一緒に暮らしたいと思うでしょうが、災害時に避難所等で他の家族と共同生活するときには、動物が苦手な人やアレルギーがある人に配慮しなければならないので、同じ空間にいることは難しくなります。

このことから、避難所では必然的にケージなどで人とは別の場所で過ごすことになります。

ペットにとって急にこのような状況になるのは、とても不安なことでストレスも掛かります。

少しでもストレスを軽減させるためにも、平常時からケージでおとなしくできるように、しつけするなど準備を行ってあげてください。

平常時

 ・住宅や飼養場所の防災対策

 ・ペットのしつけと健康管理

 ・不妊・去勢手術

 ・鑑札、迷子札、マイクロチップなど迷子対策

 ・ペット用の災害備蓄やケージ等の避難用品

 ・避難所や避難ルートの確認

 ・ペットの預け先の確保

 ・他の飼い主や近隣住民等との良好な関係の構築

 ・ペットとの避難のシミュレーション

 ・ペットの治療記録(感染症等の予防、ワクチン接種履歴など)の準備

災害時

 ・人とペットの安全確保

 ・避難が必要な場合の同行避難

 ・避難所や仮設住宅でのペットの管理やマナーの遵守

同行できる避難所

 避難勧告時のエリアメール等で連絡します。

その他(ガイドライン等)

「ペットを飼っている皆さまへ-災害時のペットとの同⾏避難について -」

 https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/files/poster09_2.pdf

「人とペットの災害対策ガイドライン」

 https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3002.html

「災害、あなたとペットは大丈夫?人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>」

 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3009a.html

「人とペットの災害対策ガイドライン ボランティアの活動と規範」

 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/r0204a.html